一時的なレーシックをすることでの後遺症


一時的なレーシックをすることでの後遺症ブログ:2016/12/02


皆さんは、
「きなこ減量」ってご存知ですか?

きなこを直接摂取するだけという非常に手軽な減量法…
それが、きなこ減量です。

牛乳などの飲み物やヨーグルトに混ぜたりして摂取できるので、
7時食代わりに実践している人も多いようですよ!

きなこは周知の通り、
大豆から作られていますが、
大豆には、イソフラボンが大量に含まれていることは有名ですよね。

他にも、大豆サポニン、食物繊維や大豆ペプチドが豊富に含まれており、
高タンパクで色々な栄養素が含まれているので、
減量食材としては優等生ですね。

きなこには、基礎代謝を高めて、
脂肪の吸収を抑える効果があると言われています。

しかし、きなこ単品では、
減量効果はあまり期待できないようです。

また、短期間で減量効果を望むようなものではなく、
日常的に取り入れることで効果を発揮すると言われています。
食べる事に取り入れたりして、色々な工夫が必要ですね。
豆乳に混ぜて飲むのが理想的とされています。

どちらかと言えば、
きなこは減量食品というよりも
健康食品の意味合いが強い食品です。

でも、食べる事の30分くらい前に、
きなこ入り牛乳や豆乳を飲むことで、
食べる事の摂取量を抑える効果がありますから、
結果としてダイエット効果が期待できるわけです。

ただ、高タンパクではありますが、
筋肉を多少でも増強する運動を行わなければ、
その効果はそれほど期待できません。

やはり、食べるだけでなく、
筋トレなどの適度な運動も必要ということになりますね。

さあご飯食べよ〜っと。
軽井沢 宿泊
http://pv-relo.jp/facility/karuizawa/

医師 結婚の案内
http://www.bridal-fortune.com/

新松戸 賃貸の案内
https://www.townhousing.co.jp/shop/shinmatsudo/