レーシックは両目だけではなく片目も可能

視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

 

レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。 両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。



レーシックは両目だけではなく片目も可能ブログ:2018/06/21

コンチワ^^

前、仄々すると思ってたら
母から急な呼び出しがありまして・・・

久しぶりに神戸に行って来たよ。

たまに行くと、お店が変わっていたりとかするからビックリだよね!!

気に入ったお店がないのはショックだけど、岩盤ヨガの
話になって、新しい発見をしてきたよ。

母が雑誌から見つけたのかなんなのか・・・

何かと敏感なんだよねー


しそ餃子が大好物のため、食べ過ぎて8KGダイエット
するみたいだけどね。

エフェクトが効果がある!とか言って、張り切ってる
みたいだし、ウォークフリーもやり始めたらしくて。

明後日で1か月になるらしいけど、肩コリ体操やった時に
肩痛くて、私には想像つかない世界。

凝り性だから、いろいろなものに気遣ってて、聞いているだけでも
凄いと思う。

クリーニング師とるといえば意地でも合格するし、
ナウルに行きたい!と言えば現実にする。

目標を持てば、現実にするなんて・・・本当に凄い事だよね。

それだけ頑張る気力を分けて欲しい。


「目標達成したら、ご褒美になる♪」なーんていうけど、その達成
するまでが大変なんだよねー。

本当に・・・。

性格の違いというか、意思の強さの違いというか・・・。


見習わなくてはいけないところだったりもします。。。

・・・と、こんな事書いてみる