レーシック後には感染症に気をつけましょう

レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

 

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

中野 賃貸
http://www.gulliver-nakano.jp/nakano/



レーシック後には感染症に気をつけましょうブログ:2018/06/16

減量を成功させるために、
基礎代謝を上げるには、まず、筋肉量に目を向けなくてはいけません。
なぜなら、基礎代謝は一般的に筋肉量に比例するからです。

普段から気をつけていても、
筋肉量というのは、なかなか維持できにくいものです。

まして、環境の変化、食生活の変化で、
気にはしていても
「トレーニング不足・偏った食事」というような傾向になりがちです。

そのようなことを理由として、
筋肉量が少なくなれば、基礎代謝が低下するのです。
すると、減量も成功しにくくなってしまいます。

逆に、定期的にトレーニングを続けていれば、
筋肉量を維持できます。

基礎代謝を増やすには、
筋肉を増やすトレーニングが第一です。
筋肉を増やすトレーニングといっても、様々な方法があります。

自分に合ったトレーニングを継続して、筋肉量が増加すれば、
基礎代謝も上がるのですから、続けたいものですね。

基礎代謝は18歳〜20歳前後を頂点に、
特にトレーニングなどを行わないままでは、加齢とともに低下していくことは、
どうしても避けられないそうです。

歳をとり、中年になってきたのに、
若いときと同じ食事量では、
減量のために良くないのははっきりしていますよね。

また、忙しい日々で、トレーニングはやりにくいものです。
しかし、自分の肉体の状況を、正しく把握することが必要でしょう。

今までの体重計に加えて、体脂肪に内臓脂肪など、
肉体をスキャンするといったような商品も発売されています。

バランスのよい食事やトレーニングと共に活用して、
基礎代謝アップのために役立てて、
減量を成功させましょう!