ドクター選びは知識と経験が大切


ドクター選びは知識と経験が大切ブログ:2016/10/27


人の体の半分以上は水分からできています。
そのため、食べる事で摂る水分以外に、
新陳代謝や老廃物を排出させる、便秘を予防するなどの働きのためにも、
日々、
1.5〜2リットル程度の水分を意識的に摂る必要があるんです。

「水太り」という言葉があるように、
水を飲むと太るのではないかと思っている人もいるでしょうが、
0カロリーである水を摂取して太るということは、まずあり得ません。

もし、水を飲むと太るということがあれば、
それは、何らかの原因で、水分の代謝が上手く行われずに、
体の中に水分が溜まっていることを意味します。

腎臓に疾患があるというような場合なら別ですが、
特に病気であるわけではなく、
水太りのような気がする場合は、その原因の一つに、
もしかしたら、塩分の取りすぎということがあるのかもしれませんね。

なので、
日々の食べる事内容を振り返って、
塩分の多い食べる事をしていると思ったら、
改善する必要がありますよ。

水分の代謝をよくするものに、カリウムという成分があります。

カリウムは利尿作用を持ち、
体の中の塩分と一緒になって、
尿や汗として排出させるという優れた働きがあります。
カリウムは海藻、豆類、乾物に多く含まれていますよ。

塩分の取りすぎ以外にも
10時、顔がむくんでいたり、
夕になると、
足がむくんでしまうという人っていますよね。

こうした場合は利尿作用のある食材を意識的に摂る、
積極的に体を動かして汗をかくというように、
水分を体から排出させる必要があります。

利尿作用の高い食材で代表的なものには、
スイカやきゅうり、レタス、とうもろこし、とうがん、柿などが挙げられます。

また、体の水分を排出させるような運動には、
ウォーキングや水泳のような有酸素運動が適しています。

GMOグローバルサイン株式会社の紹介
https://cloudpack.jp/partner/globalsign.html

レビトラならおまかせ
http://xn--t8j048w.net/