ドクター選びは知識と経験が大切


ドクター選びは知識と経験が大切ブログ:2015/09/30


読者様は、
「減量は辛くないと効果が出ない」とか
「辛いから効きそう」なんて思っていませんか?

ぼくは、減量だけでなく何事もそうですが、
楽しみながらやらないと長続きしないと思うんですよね。

例えば、娘の頃、
習い事や何か新しいことに挑戦したことがあると思いますが、
その中で、長続きしたものや実になったものはどんなことですか?

たぶん、楽しみながらやったことだと思います。
楽しんでやることが出来たので、
長続きして、そして実になったんですよね。

減量も同じことです。
辛いだけの減量だと長続きもしませんし、
中途半端に終わることでリバウンドも起こし、
実にもなりません。

しかし、
減量を楽しむ事が出来れば、長続きして、
理想のスタイルを手に入れ、
さらには太りにくい身体になるという実がなります。

減量を楽しむには…
食事制限をするのではなく、バランスの良い食事をすること。

さらに、無茶な体操をするのではなく、
連日続けることが出来る
柔軟運動などの体操に変えてみましょう。

同時に、脳も楽しませて、やる気を出してもらいましょう。
脳をワクワク、ウキウキさせるには、
漠然とした願望ではダメです。

減量をしてどんなスタイルになりたいのか、
どんな服を着たいのか、何をしたいのかなど
目的を明確にすること。
そして、それを忘れないように連日確認するのです。

ぼくは、
理想的なスタイルのタレントの写真を
プリントアウトして
その写真の顔の部分に、自分の顔写真を貼り付け、
それを連日目の付くところに貼っています。

これで、減量の目的が明確になり、
連日見ることで目的を忘れずにすみますよ!